魅力

キャンピングカーとは異なるトレーラーハウスの宿泊施設

トレーラーハウスとキャンピングカーの違いとは?

タイヤ付きのシャーシと呼ぶフレームの上に、構造物を載せたものをトレーラーハウスといいます。
構造物は宿泊可能な空間になっている建築物や事務所もしくは店舗など用途ごとに色々なものが存在していて、構造物を交換することで様々な用途で活用することができる、これもトレーラーハウスの特徴の一つです。
トレーラーハウスと似ているものにキャンピングカーがありますが、両者の大きな違いは自走できるか否かであり、トレーラーハウスにはエンジンがないので自走させることはできません。

キャンピングカーはエンジンを搭載しているので、運転席もあり自走して移動することが可能です。
そのため、車両扱いになるため重量税などの税金を納める必要があります。
これに対し、トレーラーハウスは車を使って牽引し移動させることができる車両扱いになる建築物といった違いもあります。
車両扱いではあるけれども建築物などからも、トレーラーハウスは重量税などが課税されることはないのです。

車両扱いだけれども用途は建物


トレーラーハウスは、一定の場所に設置して使用する形になりますが、車を使えば移動させることもできる車両扱いの建築物です。一般的に、建築物は建築基準法などの規制を受ける形になりますが、トレーラーハウスの用途は建物そのものではあるけれども車両扱いになるので建物の規制を受けない、宿泊施設として使うこともできる便利な建物といえます。

宿泊施設で実際に利用している法人も多くあるのですが、宿泊施設に求められる断熱性や耐震性などもあるのでお客さんに宿泊して貰う目的でトレーラーハウスを活用することも可能です。
元々、北欧で発達した建物になるので、断熱性を重視して製造されていることや日本の寒冷地、例えば北国などでも十分対応可能です。
気密性も高いので夏場は涼しく、冬場は暖かいなど快適な宿泊環境を得ることができます。
さらに、トレーラーハウスは移動の際に振動に耐えることができるような設計になっていますので、地震や強風などに対しても強い構造を持ちます。

まとめ

トレーラーハウスはエンジンが搭載されていない車両扱いの建築物、キャンピングカーは自走可能な車両などの違いがあります。
宿泊などにも最適な断熱性や耐震性能を持つので、強風が吹いているときや大きな地震が発生したときなど被害を最小限に抑える効果もありますし、気密性にも優れているため夏は涼しく冬は暖かいなど快適な環境を提供してくれます。
また、車を使って牽引することで別の場所に移動させることもできるなどのメリットもあります。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。